グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 目の主な病気について

目の主な病気について

糖尿病網膜症

糖尿病は全身にさまざまな合併症を引き起こします。とくに知られているのが3大合併症といわれる、「神経障害」「腎障害」「網膜症」です。

糖尿病網膜症は、その名の通り網膜(目の奥にある映像を感じ取る神経の膜)に障害が起こった状態です。初期には症状がなく、見えにくいなどの自覚症状が出てくるころにはかなり進行していることが多く、そのまま放置すれば失明につながります。血糖のコントロールがしっかりできていないと進行は早まります。
糖尿病網膜症は、進行の程度によって「単純網膜症(軽症)」「前増殖網膜症」「増殖網膜症(重症)」に分類されます。単純網膜症では眼底に出血が現れるものの、自覚症状はありません。前増殖網膜症でも毛細血管が詰まって網膜の血流が悪くなりますが、多くの場合、自覚症状はありません。増殖網膜症になって新生血管と呼ばれるもろい血管ができ、目の中の透明な空間(硝子体)で大出血を起こしたり、網膜剥離を起こしたりすると、極端に視力が低下するので、そこで初めて自覚症状が出てきます。

糖尿病網膜症の治療で一番大切なことは、血糖をしっかりとコントロールして、網膜症を進行させないことです。前増殖網膜症や増殖網膜症になると、眼科での治療が必要となります。前増殖網膜症では進行を防止するためにレーザー治療が行われます。増殖網膜症でもレーザー治療を実施しますが、より重症なケースでは硝子体手術が必要となります。治療を始める時期が遅いほど、視力を保つことは困難になります。
糖尿病網膜症になっても良い視力を保つためには、血糖コントロールとともに、早期からの、眼科での定期検査が重要となります。「見えにくくなったから眼科で診てもらう」では手遅れです。糖尿病と診断されたら、目の症状がなくとも眼科で定期的に検査を受けるようにしましょう。

網膜剥離

網膜に小さな穴(網膜裂孔)が開くことから始まります。網膜裂孔から硝子体というゲル状の物質が網膜に入り込むことで網膜が剥がれ、網膜剥離となります。

剥離した網膜にあたる部分が見えにくくなる視野欠損が主な症状です。視野欠損は数カ月かけて徐々に進行するもの、数日で急速に進行するものなどさまざまです。視野欠損にまでいたらない網膜剥離では、光がチカチカするような光視症や、墨をまいたように見える硝子体混濁、虫が飛んで見える飛蚊症などを自覚します。
飛蚊症とは、視野の中に虫が飛んでいるように見えたり、糸くずが浮かんでいるように見えるものをいいます。明るいところでよく自覚され、見る方向についてきます。これは硝子体の混濁によるものです。ほとんどが生理的なもので心配いりませんが、網膜剥離のある人のほぼ全員が自覚する症状なので、飛蚊症が網膜剥離によるものか、生理的なものなのかを判断するには、眼科で精密眼底検査を受ける必要があります。

網膜剥離の治療では、まず網膜裂孔に対してはレーザー治療を行う場合があります。レーザーで網膜裂孔の周囲を熱凝固することで、網膜剥離への進行を予防します。ただ、100%予防できるわけではありませんし、レーザー治療を受けるための条件もありますので、事前に眼科医とよく話し合うことが大切です。
網膜剥離まで進むと、手術以外に治す手立てがありません。手術は眼球の外側にシリコンスポンジを縫いつけて、網膜を内側にへこませる「強膜バックリング法」と、入り混んだ硝子体を切除する「硝子体手術」があります。手術の進歩で網膜復位率(1回目)は9割ですが、復位できても視力低下やものがゆがんでみえる変視症が残ることがあります。
大事なことは早期発見、早期治療です。範囲が小さければ術後も良好な視力を保てます。飛蚊症などの症状に心当たりのある方は、なるべく早く精密眼底検査を受けることをお勧めします。

ナミダ目(流涙症)

ナミダ目(流涙症)の種類は大きく二つに分けられます。一つは涙の量が多くなる状態(分泌性の流涙)で、これには目にゴミが入ったり、結膜炎や角膜炎などで目に炎症があったりすることで起きる状態も含まれます。もう一つは涙の通り道がふさがっている状態で、医学的には涙道閉塞といいます。涙道は涙のいわば下水にあたります。涙腺でできた涙は、黒目(角膜)と白目(結膜)を潤して涙道へと注がれます。涙道の入り口は目頭にあります。鏡に向かってアッカンベーすると、下まぶたの内側に穴が開いているのに気付いたことがある方も多いはずです。その涙点から涙小管、涙嚢、鼻涙管を伝わって、鼻に流れていきます。大泣きしたときに鼻水がとめどなくあふれるのは、そのせいです。
涙道閉塞の原因は加齢性(年齢によるもの)がほとんどですが、そのほかに鼻の病気(副鼻腔炎や鼻炎)に伴うもの、はやり目(流行性角結膜炎やプール熱)や慢性の結膜炎によるもの、抗がん剤の副作用によるものなど、さまざまです。
治療は、鼻の骨を削って新しい通り道を作る手術「涙嚢鼻腔吻合術」か、もともとあった通り道を再開通させる「涙管シリコンチューブ挿入」があり、これらを行えば多くは治ります。もちろん鼻の異常があったり、涙小管の広範な閉塞があったりするなど、難治なケースもあります。

このナミダ目は、意外と病気として認知していない方が多く、患者様が症状で困っているにもかかわらず、我々同業の眼科医からも「年だから」とか「治らないから」と軽くあしらわれてしまうことも少なくありません。ナミダ目で困っている方は、まずはスタッフにご相談ください。


関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • 特定施設入居者生活介護 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園