グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 外科

外科

最善の医療を地域のみなさまに

 当院外科は軽いけが,切創などの処置から虫垂炎,胆石,鼡径ヘルニアなどの良性疾患の手術,そして胃癌,大腸癌などの消化器癌に対する手術まで,非常に広い範囲の疾患に対応しています.また最近では術後の回復の早さが利点である腹腔鏡手術の割合も非常に増えており,上記のような良性疾患および消化器癌に対して可能な限り腹腔鏡を用いて手術しています.
 若い世代の人口増加が多いとされる流山市ですが,高齢者の割合もほかの地域と同様に高くなってきています.そのような高齢者の方々にも安心して手術が受けられるように十分な病状の説明と身体への負担が少ない術式の選択をこころがけています.また消化器癌の手術のあとは長い経過観察,場合によっては化学療法(抗がん剤治療)も必要になってきます.これら術後の経過観察を含め最善の外科治療を地域のみなさまに提供していきます.


腹腔鏡手術について

腹腔鏡手術とは、腹腔鏡という直径1cm程度の細い高性能カメラを腹部に挿入し、カメラの映像を見ながら行なう手術のことです。この腹腔鏡手術の利点は、

  1. 傷が小さいこと
  2. 手術後の痛みが少ないこと
  3. 腸管に対する影響が少なく、手術後の胃腸運動の回復が早いこと

などが挙げられます。短い入院期間ですむので社会復帰が早く、患者様の身体的負担の軽減なども期待できます。当院では、早期胃がんや大腸がんに対して、積極的に行なっています。

そけい(鼡径)ヘルニアについて

ヘルニア図

そけい(鼡径)ヘルニアとは,足のつけね付近(鼡径部)からお腹の中の脂肪組織や腸管が皮膚の下に出てくる状態です.「脱腸」というほうが馴染みがある方もいるでしょう.
患者さんが気付くきっかけとしては立ったときやお腹に力が入った状態でピンポン玉半分程度の皮膚の膨らみがあり,横になるとその膨らみもなくなるといったことが多いようです.痛みや重い感じといった症状もよくみられます.
そけいヘルニアは一旦膨隆が見られたら自然に治ることはまずありません.
時間の経過とともにゆっくり脱出する量が大きくなり,皮膚の膨らみも目立つようになります.
症状がなければ経過観察もできますが,痛みや違和感があれば手術をおすすめします.

肛門外科

おしりの症状でお困りの方に
肛門疾患では、おしりが痛い、脱出する、出血する、膿がでる、痒い、便が漏れるなどの症状を自覚する事が多くあります。最も多い疾患は、いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)・あな痔(痔ろう)といった痔疾患です。しかし、診察を受けるのが恥ずかしい、問題ないだろうと放置し症状が悪化してから病院を受診される患者さんが少なくありません。症状が悪化してからでは生活にさまざまな支障を来す様になります。おしりの調子が気になる方はお気軽に当院外科を受診してください。

具体的な症状と主な疾患
  1. お尻が痛い 血栓性外痔核、切れ痔、肛門周囲膿瘍、大きな内痔核、陰部神経痛
  2. お尻から出血する 内痔核、切れ痔
  3. お尻から脱出する 外痔核、内痔核、皮膚垂、肛門ポリープ、脱肛
  4. お尻が腫れている 肛門周囲膿瘍、血栓性外痔核
  5. お尻が痒い 便失禁、肛門周囲炎、カンジダ症


いぼ痔(痔核)について
痔核の症状には出血、脱出、痛み、腫れなどがあります。
排便時に鮮血の出血がありますが、排便終了後には自然に止まる場合がほとんどです。痔核の脱出とは、排便時や怒責時に強くいきむと内痔核が肛門の外に脱出してくることです。軟膏などによる保存的治療で改善しない場合は手術療法が必要となります。
手術には従来の結紮切除術だけでなく、切らずに注射で治す硬化療法(アルタ療法/ジオン注)もあります。当院では痔核の症状や状態に合わせた治療法を選択しており、術式により日帰り手術も可能です。

苦痛が少ない大腸内視鏡検査

当院では『無送気軸保持短縮法』による大腸内視鏡検査を行っております。一般的な挿入法では空気を入れて腸管を膨らませるため、腸管が伸びてしまい痛みの原因となります。一方「無送気」であると腸を短縮しながら内視鏡(大腸カメラ)を挿入することが可能になるため、大腸を押し伸ばしてしまう事による苦痛が軽減され、安全な挿入が可能となります。


      苦痛の少ない大腸内視鏡検査    

特に下記の患者様には苦痛が軽減され有効です
・ 腸が長い方
・ 手術歴があり癒着がある方
・ 腸の屈曲が強い方

   詳しくは受診時に外来医師にお尋ねください。

外科診療日

受付時間  午前 8時00分~11時30分 / 午後 1時30分~5時00分

午前山口大谷
山口島崎島崎山口
大谷
(肛門外来)
(10:30開始)
午後

外科担当医の紹介

山口 健太郎

<略歴>
   1994年 北里大学医学部 卒業
        東京女子医科大学東医療センター外科 入局
   2001-2004年 Weill Cornell Medical College(NY, USA) リサーチフェロー
   2005-2007年 新潟県立がんセンター新潟病院 外科 医員
   2016年 東京女子医科大学東医療センター外科 講師
   2022年 東京女子医科大学足立医療センター(移転に伴い名称変更) 外科 講師
    
専門分野消化器外科、とくに進行胃がんに対する抗がん剤治療および手術
主な資格・専門医 医学博士 日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
ロボット手術(da Vinci) Certificate of da Vinci console surgeon

大谷 泰介

<略歴>
1997年 群馬大学医学部 卒業
1997年4月 東京女子医科大学東医療センター外科 入局
2020年4月 辻仲病院柏の葉 消化器外科 医長
専門分野消化器外科
主な資格・専門医日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本ストーマリハビリテーション学会 ストーマ認定士
インフェクショナルコントロールドクター
緩和ケア研修会修了
ALTA四段階注射法講習会修了
仙骨神経刺激療法講習会修了
がんリハビリテーション研修修了
厚生労働省認定難病指定医

島崎 朝子

<略歴>
2006年 東京女子医科大学 卒業
     東京女子医科大学東医療センター 臨床研修センター
2008年 東京女子医科大学東医療センター外科 入局
専門分野消化器外科
専門医・所属学会等日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本がん治療認定機構 認定医


関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • 特定施設入居者生活介護 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園